スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここはいったいどこなんだ

ダービーデーの東京競馬場、清く正しい競馬ファンでありたい私は馬券を買って楽しみたいのです。
しかし同時に、年に一度(しかも今年はダービー80年の記念レースだ)のこの日のためのイベントを
ひとつでも多く味わっておきたい。これが非常に悩ましいのであります。

場内はどこへ行っても人ばかり。
世界のグルメなどを販売する車の前には長蛇の列で、猛烈に美味しそうな匂いが漂って来るのだけれど
ちょっと並ぶのをためらってしまいます。
アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、香港・・・どれもみんな美味しそう。

ということでさっさとローズガーデンへ。
東京競馬場グランドオープンの際に整備されたバラと噴水が綺麗な一角。
そういやグランドオープン記念のレースは確かトウショウシロッコが勝ったよなぁと記憶を辿って調べてみたら
本当に勝っていた。実際に目の前で見たレースは記憶に残るのだろうか・・・。
(大型ターフビジョンなんて要らんもん作りやがって、という目で見ていたかもしれないけど)

さて、そのローズガーデン、先週のオークスの頃からアーチがかかって普段よりもゴージャスな設計に。
さらにダービー当日にはイギリス名物ダブルデッカーと、ミニが2種やってきた!
車好きは運転席に乗り込みハンドルを握り、普段は馬ばっか撮っているような人もクルマの写真に夢中!

当日はお天気もよく、バラたちの近くに停まったピカピカのミニは可愛かった!!
2階建てバスもローズガーデンの雰囲気によく馴染んでいる。
いつもここにあってもいいんじゃない?みたいな感じ。場内に大人の遊び場も欲しいよ。
そのほうが気持ちを切り替えて馬券を買えるってもんじゃない?

しっかりディーラーがカタログを置いていて私ももらってきたが、よほど大きく当てなきゃ無理だ(苦笑)。
アンケートに答えてグッズが当たる抽選会に並んでいる途中、ホースリンクのボロ入れに、

「職場はいつも清潔に」

と書いてるのに気付いた。自分の胸に手を当てるとやや痛いけど、そうか、職場かと目からウロコが落ちる感じも。

朝方のレースがボチボチ当たっていて機嫌もよく、スタンド側は座る場所もないし暑いしー、と思っていたら、
丁度良くローズガーデン前でイギリス警察音楽隊のミニコンサートが始まった!
「あの」黒くてモコモコしたでかい帽子に赤い制服の皆さんが、「サラブレッドマーチ」に始まり、
「グリーンスリーブス」「スカボローフェア」「レットイットビー」などのスタンダードナンバーを次々に
演奏し、曲が終わるたびに温かい拍手が周りを包みます。

楽隊の両脇には「レディ」に扮した日本語のできるイギリス人女性が彼らをサポート。
また彼女たちと一緒に記念撮影をしようというお客さんも多数いて、とても華やいだ雰囲気でした。

演奏会が終わると彼らはレディ達と共に一斉に退場・・・のはずが、一部のメンバーが居残り。
なんとローズガーデンをバックに写メを撮り合っているではありませんか。
異国の地に再現された母国の庭の前での演奏会。
彼らが特別な日本ダービーの一日を楽しまれて帰ったことを祈ります。
JRAもちゃんと彼らには、GⅠ焼き、鳥千のフライドチキン、立ち食いそばなどをサービスの選択肢に
加えるくらいのホスタビリティが欲しいですよね。
最初から上のレストランに連れて行くようじゃいかん。

ダービーへ、ようこそ(その1)

東京競馬場に8時についたら、予想通りにもうとっくに門は開いていた。
いや、実は一度開門前に着いているんだが、そこで財布を忘れた事に気付いて家まで戻ったのである・・・。
電子マネーの恐ろしいことよ!
ってか、競馬場の入場も、馬券も電子マネーでカバー出来れば、私の惨事は避けられたのよ。

新宿とか渋谷の朝のラッシュをさばいてる交通系電子マネー、やればできると思うんだけどな-。

まあ、それはいいとして、朝からかなり余分な体力とお金を使った私を、バグパイプ演奏のおじさんが
迎えてくれました。朝からイギリスチックな音色で「アメージンググレース」なんて聞かされたら、
私の心もかなり癒されます。そしてスペシャルなレーシングプログラム。

表紙は去年のダービーのパドックをかなりリアルに描いた絵です。横断幕の詳細まで細かく書き込んであって
感心しました。頑張って早起きしてまじめに幕を張った人はかなり嬉しいかも。絵の視点は検量室の上の
二階部分から。ダービー発走の時間あたりにはちょうど太陽が背中の方に回って良い感じになる場所。
秋のGⅠの時期にもおすすめ。ここなら太陽が低くなっても騎手が馬に乗れば顔に日が当たるのよ。

朝、私はその真向かいにいました。パドックの一番奥。オッズ板を右手に、後ろではケンタッキーダービーの定番、
ミントジュレップの販売カーがいるあたり(今年はスペシャルなプラスチックカップに入っていて、私も思わず、
ノンアルコールで出来ませんか?って聞きたいくらいだった)。

朝のパドックではダービー馬をお迎えしました。
23歳のウイニングチケットさんと16歳のアグレスフライトさん。
オッズ板全体を使ったレーズ映像上映で、朝から気分が盛り上がります。
柴田政人さんと河内洋さんがそれぞれ初めてのダービーを勝った思い出の馬ですね。
ここでも馬が入ってくると大勢のお客様が静かに馬を迎える・・・うん、府中もまだまだ捨てたもんじゃないな。

そして驚くべきはフライトさんの体型。まるで現役で、これから走るんじゃないかと思うくらい、お腹が巻き上がっている。
ウイニングチケットさんは歳相応の好々爺と言った感じで「懐かしいのう」と悠々とパドックを歩いているのに、
フライトさんはまるで戦闘モード。発汗はすごいし、お客さんの気配に敏感に感応するし・・・。

と、思ったらちゃーんと理由がありました。
最後にパドックの真ん中に2頭を並べて皆さんにお披露目したのですが、

フライトさん、お客さんに2回もお辞儀をした!
(テンションが高くて首を振ってたのと違いますよ、まるでトリックホースショーみたいだった)

このために牧場一丸となってフライトさんを仕上げてきたのだわ。
まだまだ16歳、それくらいできるのね。
そう、人間だって80歳でエベレストに登れるんだもの。

朝早くからオールドファンのみならず若者たちも往年の名馬たちに酔いしれたのでした。

やっぱりダービーはお祭りだな-。
こんな調子で、しばらく夢の一日のお話が続きます・・・・。

(杉原くんは大丈夫だろうか。藤澤先生踏んだり蹴ったりだな。頑張れルルーシュ)

星めぐりレース(2013大井記念)

南関東でもようやく観客にとって、現場でナ$イター競馬を楽しめる日もある天候になってきた。
・・・門別や帯広でもナイター開催しているけれど、まだまだ屋外が気持ちいい気候ではないだろうなぁ。
南関東でも3月からやってはいるけど、とてもとても寒くって!

関係者の皆様には頭がさがる。

ということで、南関東の重賞レースの中でも大井記念というのは私にとってトップクラスで、ぜひとも現場観戦したかったのだが、諸々の事情でテレビ観戦(そう、大井はTOKYO MXで中継があるのだ)になってしまった。
家に帰ってテレビをつけたら、大井記念の本馬場入場というギリのタイミング。

2600mのレースなんて他にないから、レースに出るほとんどの馬は持ち時計がない。
でもまあ、特殊な距離だけにあまりハイペースは考えにくいので、馬券のプロ(?)たちにとってはやりやすく、
長いレースだから見ていて楽しいというとてもいいレースだ。

今年の1番人気はフォーティファイド、フォーティーナイナー(私が競馬を始めた頃、産駒がよく走っていた)産駒の8歳馬だ。
馬はベテラン、ジョッキーは目下リーディング、そして調教師はフレッシュ。

私の独断と偏見だが、南関東、特に大井には勝負服に☆が入っている人が多い。リーディング御神本くんがそうだし、前リーディング戸崎くんもそうだった。
戸崎くんは例によって、地方で地方の馬に乗る時は昔の勝負服を着る、それがファンにはたまらない。

この日も馬場にたくさんの星たちが散っていった。浦和からやってきた(浦和に落ち着いた)ピンク色のお星様も、お元気そうで。

レースはやはりゆっくりとスタート。長く長く人馬一体の時間を堪能できる贅沢なレースだ。
2周め向こう正面あたりから、御神本くんたちが上がっていく。相変わらず綺麗なフォーム。
しっかりとした光を持った星がぶれていない。

外回りの長い直線で彼らは後続を決定的に引き離す。
意外なことに、御神本くんにとって大井記念は初めてのタイトルだったそうだ。
それよりも、馬や厩舎に勝利をプレゼントできたことのほうが彼は嬉しいと。

順調なら次は帝王賞だ。フォーティファイドのお母さん、ファストフレンドは帝王賞を勝っている。
8歳にしてようやく、母と同じ舞台に立つ。
今日の結果はあまり(いや、ほとんど全く?)参考にならないかもしれないが、馬と騎手、厩舎の勢いだけなら中央勢にも負けない。

帝王賞は、現場に行けますようにと、御神本くんの勝負服のお星様に願いをかける。

(土曜日に御神本くんが府中で乗りますが、私、用事があって見に行けない・・・。
 でもそういうすれ違いを通じて想いはますます強くなるのだわ。
 彼は金曜の大井の最終(20:50発走)を終えて府中に移動するのでしょうね。
 人気者は大変だ~。船橋の御大の馬連れて行くから、頑張ってもらわなきゃだけど。
 厩舎所属の佐藤裕太騎手も一緒だ・・・うーむ、よくわからん)

Run for the Roses

先週土曜日の競馬博物館ウロウロ記の続きです(前回分はこちら)。

そんなに大きな博物館ではないのだけれども、競馬好きにしてみれば見るべきところは本当にたくさんあり、
また常設展の中にも訪れるたびに新しい発見があったりと、悩ましい施設なのであります。
といっても夏場のパークウインズの時は、展示品のメンテなどの理由のためか閉鎖期間が長くて、
どうしても馬が走っている時期に時間を作らなければいけないのであります。

というわけで今回は映像ホールのご紹介です。360度スクリーンが自慢の映像ホールでは現在日本ダービー
80回記念に合わせて、「Run for the Roses -122nd Kentucky Derby-」という作品がリバイバル上映されています。
牧場の朝の風景、全米各地から空輸されてくる競走馬たち、ダービーフェスティバルに沸く地元の街、
当日の開門ダッシュ(日本よりはだいぶ平和だけど・・・)、香りがしそうなミントジュレップ、
とにかく美しい、アメリカの競馬の光景です。

上映前からホール内では静かに「マイ・オールド・ケンタッキーホーム」のメロディーが流れているので、
嫌でも気分が盛り上がります。日本ではなかなかないからなー、発送前のファンファーレくらいかな?

日本でも密かに京王線新宿駅のホームはダービー仕様になっていて、競馬が好きでなくても通勤通学で
使っている人なら嫌でも目に入っているとは思うんだけど、街を上げてダービーを歓迎して盛り上げるというのは
地元府中でもないんじゃないか?
映像ではマーチングバンドが大通りを行進して、巨大な馬の風船が上がっていたり、大人も子供もみんな
その様子を楽しんでいるように見えたもん。みんながみんな競馬好きではなくて「ああ今年もこの季節になったのね」。
みたいに、年中行事として街に溶け込んでいる。

たとえ熱心な野球ファンでなくても、夏の甲子園が始まれば、「今年もそんな季節かー」みたいな。
甲子園球場が地元に溶け込んでるから余計に、地元の人はそう感じるかもね。

そして競馬好きは地元どころか世界中からケンタッキーダービーを見にやってくる。
それぞれのお洒落をして、ミントジュレップをたしなみ、馬券を買ったり、雰囲気を楽しんだり。
呼ばれた歌手が「マイ・オールド・ケンタッキーホーム」を歌い、観客も大合唱。
何度も書くけど、羨ましいなぁ、こういうの。

みんなもそう思っていたのかどうかはわからないけれど、上映終了時に自然と拍手が起こりました。
私は何度もこの映像ホールでいろいろな作品を見ていますが、こんな光景に立ち会ったのは初めて!

本当に街ぐるみで馬を愛する人々(ちなみにパレードをやっていたルイヴィルの街の通りにはちゃんとオフィスビルの
ような建物もあったから、ウマ以外の産業もある普通の街です、たぶん)。
広いレキシントンの牧場を駆ける馬、情熱を持って馬に接する人々、ダービーを心から楽しむ人達。

そんな人々の映像が見ていた人達の心を動かしたんじゃないかと思いました。

私たちも、半ば狂ったような拍手でななく心からの温かい拍手で大舞台に臨む馬たちを激励したいものです。
下級条件の馬たちには、古馬になって見返してやれという思いを込めて(いや、まだまだ秋の1冠がある)、
見つめる3歳戦だったりします。もうすっかり頭の四分の一くらいは夏競馬のこと考えてるね。
ローカルの芝2600mのレースが好きでたまらないのよ~。

固い絆(2013Vマイル)

ヴィルシーナは、ずっとずっと2着が続いている馬だった。
どうしてもあとちょっとで勝てない。

それでもオーナーとトレーナーはジョッキーを替えなかった。
ご存知のようにオーナーは元メジャーリーガー、巨額な資金を背景に一流のスポーツ選手があっけなく
首になる、まさにその渦中にいた人物である。
いや、だからこそ彼はジョッキーを替えなかったのではないだろうか。

競馬が、好きだ。
だから、馬主になった。
好きだった馬の子供を、どうしても所有したかった。

JRAのお偉方が足を向けて寝られないほどの、純粋な思いで彼は馬主になった(たぶん)。
しかも知名度がある方だから、彼の所有馬にはたぶん、野球選手時代からのファンもいるのではないだろうか。
彼の所有馬が走ればお客さんが競馬場に来る。
だって、彼は競馬が好きだから、競馬場に来て自分の馬を応援するから。
私も何度彼の姿を競馬場内で見かけたことかわからない。
そしてこの日、はじめてGⅠの表彰式の壇上に立つ姿を拝見した。
馬主がお客さんを連れてくる、JRAさん、こういう人を邪険にしてはいけませんよ。
(彼に対する私個人の好みはあまり言わないけれど、個人馬主が増えることはいいことだと思う)

そんな野球界からやってきたオーナーのため、地方競馬で腕を磨いたジョッキーが真剣に真剣に勝負をした。
負けた時にも、自信の悔しさよりもオーナーやトレーナーの悔しさの代弁が先に出る。
ジョッキー・内田博幸からは今でも南関東の臭いがする。
「ずっと乗せてもらっていたから、どうしても二人を勝たせたかった」
「嬉しくて、男同士で気持ち悪いけど抱き合っちゃいました」

「またエビちゃん(ホエールキャプチャ・蛯名騎手)にやられたかと思っちゃった」
・・・「また」というのは、天皇賞(春)・青葉賞のことを言っているのだとその後の会話から推測される。

セレモニーが終わったあと、パドックでのレース回顧の頃にはジョッキーはだいぶ冷静に、そして口も滑らかに
なっている。あちらこちらに本音がのぞく。
馬の力を引き出すのが騎手の腕なら、騎手の本音を引き出すことにかけて細江純子さんはGⅠ級だ。

細江「先週は柴田大知騎手が勝ちましたけど・・・」

ウッチー「だって頑張ってたもん!!乗り馬に恵まれない時期があって大変だったけど、ずっと頑張っていれば競馬の神様はちゃんと見ていてくれるんだっていう証明ですよね。自分なんかが体験したことのない苦労を味わってきたのだから・・・」

もう言葉が止まらない。今週も勝ったのが美浦のジョッキーで良かったなぁ。やっぱり騎手同士、ずっと見てるんだね。

そして大きいレースで1番人気で飛ぶことが続いていたウッチーは、やっと嫌な流れを断ち切ることができました。
「1番人気を飛ばすと、人は強くなります」

若手騎手よ、ちゃんと聞いてたか~??
ウッチーが言うとものすごい説得力がある。

普段「周囲の期待が大きすぎる」「プレッシャーが辛い」とお悩みの競馬ファンたちにとっても、
とてもとても励みになる一言だった。ウッチーだって、昔はアンチャンだったしトップジョッキーに
なっても人気馬で飛ぶことがある。

それをあっさり言葉にできる強さ。この人はどれだけのものを乗り越えてきたのだろう。

表彰台の上での2回のバック宙が蘇る。いとも簡単に軽やかに。
胸についたリボンと一緒に宙を舞う。五月晴れ。大歓声。

細江「来週は・・・」

内田「ええと、強い馬がいるし、ええと、アレ、アレ」

細江「アユサン?レッドオーヴァル?」(←さすがナイスフォロー)

内田「そう、ソレ、ソレ(笑)。まあ、僕の馬は府中を経験しているのでそこが強みかなと思います。」

細江「ダービーは・・・」

内田「青葉賞が休み明けだったので、そこを使ってどうなっているかに期待しています・・・」

レース回顧でもバック宙を期待していたけれども、既にウッチーは乗馬ブーツを脱いでサンダル履き。
この日は暑かったからね~。通気性のいいサンダルの方が足にはやさしいです。◯虫に気をつけて・・・。


GⅠだけが競馬じゃないけど、GⅠを勝った騎手の本音が聞けるイベントはいいものですね。
第一、GⅠを勝つような騎手が未勝利戦で手抜きするか?

来週のオークスも楽しみです、アレとかソレが出るし。
女性の皆さんは、来週はお洒落して競馬場に出かけるなんてどうでしょうか。
枠順が出たら、お目当てのお馬さんの枠をベースにファッションを組み立てるのだ♪

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。