スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介

みなさんはじめまして、そして一部の方にとってはほんとうに長いお休みをいただきました。

挨拶記事をアップする前に、レースに関する記事を2つもアップすることになってしまったわけですが、
これも「そろそろブログを再開したいなぁ」と思っていた矢先に素敵なレースが続いたせいです。
トドメの一撃を二発も食らって、「ええい、挨拶なんていつでもできる。とりあえずレースのことを
書かなければ」と思ってブログの再開と相成りました。

わたくし、以前はmattari96というハンドルネームで「馬券を買わない競馬好きの日常」→「癒しの競馬サロン」と
いうブログを書いておりました。お陰さまで贔屓にしてくださっていた方も少なからずいたのですが、
私が人間的に未熟であったため、ブログを閉鎖せざるを得なくなりました。一昨年の秋ごろのことだったと
思います。当時の記事は綺麗サッパリ消してしまい、今は断片的に私の頭の中に残るのみです。
「いや、自分はmattariさんが書いていた記事を覚えている!」なんて人・・・いないだろうなぁ。
もしいらっしゃったらこんなに嬉しいことはないですが。

そして今回改めてブログを再開です.
いろいろなことがありました.天災,人災,その他本当にいろいろなことが.
それでも馬は走っています.どんなに辛い思いがあったとしても,競馬ファンは笑っています.
どうして私ばかりがいつまでもウジウジとしていなければいけないのでしょうか.
スカッと馬券を外して愚痴ばかりがこぼれる日だってあります.
競馬場で嫌な思いをしたり不愉快な現場を目の当たりにして,後味悪く帰ってくる日だってあります.
だけど,それが競馬です.先だっての記事にも引用した寺山修司は言いました.
「競馬が人生の比喩ではない,人生が競馬の比喩なのだ」と.

ある種の馬はレースを勝つと「褒めて!褒めて!」と得意満面で帰ってくるそうです.
私たちだって良い仕事をしたり,プライベートでいいことがあったりするとそんな感じはないですか.
私はなるべく馬に,そして馬に寄り添うホースマンたちに寄り添って,自分にできうる限りの言葉を
用いて競馬に教わったことを綴って行きたいと思います.

もう多少のことで書くことをやめたりしません.
先々週,東京競馬場の乗馬センターで私を背中に乗せてくれたミレ君(マイネルミレニアム),
その他彼らの仲間たちに誓って,多少の挫折,紆余曲折は自分の力で修正していきます.
(これでアルスブランカの背中にまたがったら百人力なんですが・・・).

わけのわからない自己紹介になってしまいました.
どうかこれからも不定期更新のブログをご贔屓に願います.

・・・ところで天皇賞誘導のサクセスブロッケンと,川崎JBC誘導のビービートルネードって
どっちが危険だと思います?両方とも今回はやめておいた方がいい気がします・・・.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。