スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二代目の心意気

先日、美浦の松山康久調教師が2月末の定年を前にしてJRA通算1000勝を上げたというニュースがあった。

私はイマドキの、転職を繰り返す人々を悪く言うつもりは全くない。世の中の荒波をかいくぐりながら時には壁にぶち当たり、環境に洗われるように自分を磨いていけるのは素晴らしいことだと思う。しかし一つの仕事に人生を捧げることができるのもまた、十分幸せなことなのだと考えている。

松山康久師の父親もまた競馬の調教師で、だから年配のファンには彼のことを「(同じ松山でも)息子の方」というような言い方をする人もいると聞く。私はそんなキャリアはないし、競馬の歴史を熱心に勉強もしていないので、松山師はそのままで松山康調教師なのである。同姓の調教師がいるのでこういう書き方になる、私は競走馬の血統にも詳しくはないけれど、競馬関係者の血縁関係にも詳しくない。まあ、競馬歴が長くなれば自然に覚えていくものなのかもしれないけれど。

そんなわけで「二代目」が手がけた代表馬の一頭、ミスターシービーがこれまた二代目であることも初めて知った。
シービーというのは生産牧場である千明牧場の頭文字から来ているのだが、気象学における積乱雲の略称がCbであることと全く無関係とは思えない。夏の空に高く高く伸びていく真っ白な雲、そしていっぱいの光を受けて輝く緑の牧草地。群馬県の牧場で澄んだ空気ときれいな水で育った馬にぴったりの名前ではないか。

私のキャリアでミスターシービーについてのあれこれを語るのは不可能なので、話を現在に近いところに持っていく。
松山師が8年ぶりの重賞を勝ったサウンドオブハート、私は彼女が大好きだった。現役最後のレースとなってしまったヴィクトリアマイルも東京競馬場で見ていた。そう、あの時私はヴィルシーナを外して彼女を入れたWIN5を買っていて、そのレースを外したばかりに11万円あまりの払い戻しを取り損なったのだ。
そういえば競馬の思い出に馬券が絡むのは自然だろうか?
なぜか大好きな馬の馬券を買って外したレースばかりが思い出に残るのはどうしてだろう?

彼女はそのレース中の怪我が元で引退した。
どうやら今も元気でどこかにいるらしい。
数年後に彼女の子供に競馬場で会えることを祈りたい。
そしてどうかその時に、元調教師としての身分で松山師が競馬場にいることを祈りたい。

競馬場に行くとよく、引退した調教師の方がかつて縁のあった馬主や騎手の応援に来ているのを見かける。
仕事を全うした職人の姿は清々しい。そして今でも現役を続ける後進たちを思い遣り、気にかけている姿勢がなんだか微笑ましい。厳しい勝負の世界のはずなのに、競馬にはどうしてこうも濃い人間臭さが残っているのだろう。松山師の1000勝の際も、多くの騎手がその瞬間を待っていたようなコメントを出したし、実際にそのレースに乗った騎手はまるで多くの騎手の代表としてその勝利を喜んでいたようだった。

馬っていいなあ、競馬って温かいなあと月並みな結論になってしまうのだけれど、その言葉が色褪せない響きを持つのはやはり、馬が温かいからなんだなあと思う。

あと一ヶ月、定年を迎える調教師、調教助手、そして厩務員に充実した日々がもたらされますように。
そして彼らが培った経験や知恵が、後進たちに正しく引き継がれていきますように。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。