スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星めぐりレース(2013大井記念)

南関東でもようやく観客にとって、現場でナ$イター競馬を楽しめる日もある天候になってきた。
・・・門別や帯広でもナイター開催しているけれど、まだまだ屋外が気持ちいい気候ではないだろうなぁ。
南関東でも3月からやってはいるけど、とてもとても寒くって!

関係者の皆様には頭がさがる。

ということで、南関東の重賞レースの中でも大井記念というのは私にとってトップクラスで、ぜひとも現場観戦したかったのだが、諸々の事情でテレビ観戦(そう、大井はTOKYO MXで中継があるのだ)になってしまった。
家に帰ってテレビをつけたら、大井記念の本馬場入場というギリのタイミング。

2600mのレースなんて他にないから、レースに出るほとんどの馬は持ち時計がない。
でもまあ、特殊な距離だけにあまりハイペースは考えにくいので、馬券のプロ(?)たちにとってはやりやすく、
長いレースだから見ていて楽しいというとてもいいレースだ。

今年の1番人気はフォーティファイド、フォーティーナイナー(私が競馬を始めた頃、産駒がよく走っていた)産駒の8歳馬だ。
馬はベテラン、ジョッキーは目下リーディング、そして調教師はフレッシュ。

私の独断と偏見だが、南関東、特に大井には勝負服に☆が入っている人が多い。リーディング御神本くんがそうだし、前リーディング戸崎くんもそうだった。
戸崎くんは例によって、地方で地方の馬に乗る時は昔の勝負服を着る、それがファンにはたまらない。

この日も馬場にたくさんの星たちが散っていった。浦和からやってきた(浦和に落ち着いた)ピンク色のお星様も、お元気そうで。

レースはやはりゆっくりとスタート。長く長く人馬一体の時間を堪能できる贅沢なレースだ。
2周め向こう正面あたりから、御神本くんたちが上がっていく。相変わらず綺麗なフォーム。
しっかりとした光を持った星がぶれていない。

外回りの長い直線で彼らは後続を決定的に引き離す。
意外なことに、御神本くんにとって大井記念は初めてのタイトルだったそうだ。
それよりも、馬や厩舎に勝利をプレゼントできたことのほうが彼は嬉しいと。

順調なら次は帝王賞だ。フォーティファイドのお母さん、ファストフレンドは帝王賞を勝っている。
8歳にしてようやく、母と同じ舞台に立つ。
今日の結果はあまり(いや、ほとんど全く?)参考にならないかもしれないが、馬と騎手、厩舎の勢いだけなら中央勢にも負けない。

帝王賞は、現場に行けますようにと、御神本くんの勝負服のお星様に願いをかける。

(土曜日に御神本くんが府中で乗りますが、私、用事があって見に行けない・・・。
 でもそういうすれ違いを通じて想いはますます強くなるのだわ。
 彼は金曜の大井の最終(20:50発走)を終えて府中に移動するのでしょうね。
 人気者は大変だ~。船橋の御大の馬連れて行くから、頑張ってもらわなきゃだけど。
 厩舎所属の佐藤裕太騎手も一緒だ・・・うーむ、よくわからん)

スポンサーサイト

Run for the Roses

先週土曜日の競馬博物館ウロウロ記の続きです(前回分はこちら)。

そんなに大きな博物館ではないのだけれども、競馬好きにしてみれば見るべきところは本当にたくさんあり、
また常設展の中にも訪れるたびに新しい発見があったりと、悩ましい施設なのであります。
といっても夏場のパークウインズの時は、展示品のメンテなどの理由のためか閉鎖期間が長くて、
どうしても馬が走っている時期に時間を作らなければいけないのであります。

というわけで今回は映像ホールのご紹介です。360度スクリーンが自慢の映像ホールでは現在日本ダービー
80回記念に合わせて、「Run for the Roses -122nd Kentucky Derby-」という作品がリバイバル上映されています。
牧場の朝の風景、全米各地から空輸されてくる競走馬たち、ダービーフェスティバルに沸く地元の街、
当日の開門ダッシュ(日本よりはだいぶ平和だけど・・・)、香りがしそうなミントジュレップ、
とにかく美しい、アメリカの競馬の光景です。

上映前からホール内では静かに「マイ・オールド・ケンタッキーホーム」のメロディーが流れているので、
嫌でも気分が盛り上がります。日本ではなかなかないからなー、発送前のファンファーレくらいかな?

日本でも密かに京王線新宿駅のホームはダービー仕様になっていて、競馬が好きでなくても通勤通学で
使っている人なら嫌でも目に入っているとは思うんだけど、街を上げてダービーを歓迎して盛り上げるというのは
地元府中でもないんじゃないか?
映像ではマーチングバンドが大通りを行進して、巨大な馬の風船が上がっていたり、大人も子供もみんな
その様子を楽しんでいるように見えたもん。みんながみんな競馬好きではなくて「ああ今年もこの季節になったのね」。
みたいに、年中行事として街に溶け込んでいる。

たとえ熱心な野球ファンでなくても、夏の甲子園が始まれば、「今年もそんな季節かー」みたいな。
甲子園球場が地元に溶け込んでるから余計に、地元の人はそう感じるかもね。

そして競馬好きは地元どころか世界中からケンタッキーダービーを見にやってくる。
それぞれのお洒落をして、ミントジュレップをたしなみ、馬券を買ったり、雰囲気を楽しんだり。
呼ばれた歌手が「マイ・オールド・ケンタッキーホーム」を歌い、観客も大合唱。
何度も書くけど、羨ましいなぁ、こういうの。

みんなもそう思っていたのかどうかはわからないけれど、上映終了時に自然と拍手が起こりました。
私は何度もこの映像ホールでいろいろな作品を見ていますが、こんな光景に立ち会ったのは初めて!

本当に街ぐるみで馬を愛する人々(ちなみにパレードをやっていたルイヴィルの街の通りにはちゃんとオフィスビルの
ような建物もあったから、ウマ以外の産業もある普通の街です、たぶん)。
広いレキシントンの牧場を駆ける馬、情熱を持って馬に接する人々、ダービーを心から楽しむ人達。

そんな人々の映像が見ていた人達の心を動かしたんじゃないかと思いました。

私たちも、半ば狂ったような拍手でななく心からの温かい拍手で大舞台に臨む馬たちを激励したいものです。
下級条件の馬たちには、古馬になって見返してやれという思いを込めて(いや、まだまだ秋の1冠がある)、
見つめる3歳戦だったりします。もうすっかり頭の四分の一くらいは夏競馬のこと考えてるね。
ローカルの芝2600mのレースが好きでたまらないのよ~。

ホンモノの迫力

関東地方は今日は雨模様の寒い一日。
晴れていれば芝も欅の若葉も絶好のコンディション、これ以上無い競馬日和なのですが、雨もオツなものですぜ。
向こう正面奥に霞む武蔵野の丘、広い広い競馬場もけぶっているおかげで還って奥行きさえ感じられる。
うーん、なんか絵画的で素敵な風景だよ、観客はいないけど。

外にいると寒くて仕方がないので、こういう時の避難場所、JRA競馬博物館へといって参りました。
今日はそもそも入場者数が少なかったので、博物館の中もすいていて非常に快適でありました。
重賞VTRコーナーもガラガラで見放題だよ、イヤッホウ!
しかも知らないうちに機能がアップしていて、ついこの間の重賞も見れるようになっていたよ。

それから、騎手検索もできるようになっていて、お目当ての騎手が騎乗した重賞レースをささっと検索できるように
なっていたのはありがたいね。私の馬券代はこういう風に使われていたんだなー。
思わず西谷達男騎手(誠騎手のお父さん)の騎乗した昭和48年天皇賞(春)を見てしまった。
勝ったのはタイテエム、須貝彦三騎手。ゴールドシップの須貝先生の一族かしらん?
そしてハマノパレードが一緒に走っていた。田島良保騎手だ。私にとっては調教師だなー。
それから福永洋一騎手、野平祐二騎手と上げていくとキリがない。すごすぎる。

実況はもちろん杉本清さん。古い関西のレース選んで大正解。
この年の天皇賞はひどい雨の道悪で、後方待機のタイテエムがドロドロになって先頭ゴールというレース。

「まっくろのタイテエムが、まっくろのタイテエムが、」

「無冠のタイテエムに春が来ました」

杉本節に大感動。もう何をしに競馬場に来たかわからなくなりそうだった。
とにかく、このコーナーがバージョンアップしたのはキケン・・・いや、素晴らしいことだ。

現在の特別展示は、そんなタイテエムが縁のなかった(1972年、27頭立ての3着・勝ち馬ロングエース武邦彦騎手)ダービー展。
あ、正式には「東京優駿・東京競馬場展」で、タイテエムは当時東京でやっていたスプリングSを勝っているので
ちゃんと縁があることになる(ちなみに須貝四郎騎手とのコンビ。また須貝姓だ)。

東京競馬場と日本ダービーの細かい年表が圧巻である。
私は個人的に競馬場デビューが東京だったので、年表と照らしあわせて改めて自分の「競馬観戦歴」なるものを再認識した次第でありました。
イベントとかに応募するとよく書かされる項目ではあるんだけど、何をもって競馬歴というべきかよくわからんのだよね。

そしてもうひとつ圧巻の展示は、歴代ダービー馬主の勝負服が全部飾ってあること。
初期のものは物理的理由で「複製」になっているものも多い。
しかし一世一代のダービー。一国の首相になるより難しいといわれるダービー馬のオーナー。
物持ちのいい馬主さんは結構いらっしゃり、感動的なホンモノたちが並んでいる。
厩務員さん大興奮のダイシンボルガードとか、ハイセイコーを負かしたタケホープとか、ホンモノなのよ。
私の知らない時代の感動と興奮と社会の息吹がそこにはある。
どれもこれも大歓声を一心に浴びて、はちきれるほどの汗や涙や感謝などを閉じ込めた勝負服なのだ。

ごく最近のもの、例えばディープインパクトやキングカメハメハなどは警備上の理由からかレプリカだった。
メイショウサムソンもレプリカだったが、その代わりにダービーで使った鞍とムチ、サインが入った白い帽子が飾ってあった。
守さんが競馬博物館に寄贈したと書いてあったので、また何かの折にお目にかかれるかもしれない。
ちなみに鞍は河内洋さんから譲り受けたもので、守さんは引退レースもその鞍を使ったそうだ。泣ける。

むかし別の展示で、ロジユニヴァースのダービー時の帽子を見た時がある。色は同じ白だったがドロドロだった。
サムソンのは綺麗だった。記録は稍重だったけれど、濃い緑と明るい日差しに映えるメイショウの勝負服が
とても印象的なレースだった。
私が初めて生でクラシックレースを見たのがサムソンの皐月賞だったから、その年のダービーは思い出深い。
今年はどんなダービーが見られるだろうか。

西門では早くも徹夜組の行列ができ始めている。

サクセスブロッケン誕生会

5・5こどもの日、NHKマイルカップのレース回顧が終わったパドックで、今やすっかり東京競馬場の看板誘導馬(いや、れっきとしたJRA職員か?)のサクセスブロッケンの誕生会が行われた。

ブロッケンはこの日でちょうど8歳。まだまだ現役で走っている同期もいれば、お父さん、お母さんになった馬もいる。不慮の事故や病気で亡くなったり、日々の食い扶持を稼ぐため(?)慣れない職場に身を投じた仲間もいるという、人間世界に例えればなんとも切ないびみょーな中高年世代。

しかし当のブロッケンは男性であることを返上してしまったものの、日本を代表する東京競馬場という晴れやかな職場に再就職を果たし、一見華々しい職務についている・・・ように見える。

が。

かつてはGⅠ戦線で鳴らした彼が、新しい職場に適応するには相当の苦労があったはずだ。我慢強い同僚や先輩、優しいファンたちに見守られて、競走馬のプライドを投げ打って誘導をし、名刺まで作って広報活動にも精を出し、さらには障害飛越の練習までやる姿は、沢山の人々を励ましたに違いない。

8歳にして初めて迎えた大勢の人達の前での誕生会。司会の細江純子さんは、
「拍手はしないで、温かい眼差しでお迎えください」
と、サクセスブロッケンをパドックに招き入れた。柴田大知くんの快挙を祝い、ブロッケンの誕生会を待っていたファンがマナー違反などするはずもない。

しかしそこはついさっきまでGⅠ回顧をやっていた場所。勝負の世界で生きてきたブロッケンにはその匂いがわかるのか、かなりテンションが高い。そしてもう一人、馬の周りを飛び跳ねる男・・・ノリさん?ジャパンダートダービーをはじめたくさんのレースを一緒に戦ってきた相棒じゃないか。思いがけない人物の登場にも、ブロッケンの身を案じてパドックはざわつかない。むしろ一番ウルサイのは当のブロッケンなのだ。

「いやぁ、誘導馬になるなんて思わなかった」

ノリさんをしてそう言わしめるだけのテンションの高いブロッケンも、時間が経つに連れ徐々に(本当に徐々に!)落ち着きを取り戻し、ようやくパドックを周回できる状態に。相変わらずの男前っぷりのする馬体は、見ている方もほれぼれするほど。

細江「ジャパンダートダービーではスマートファルコンに勝ちましたもんね~」

ノリ「え?そうだっけ?(細江さんの手元の資料を見て)あ、ほんとだ、ほんとだ、オレ、そのあとすぐクビになったから」

そして、誕生日のお祝いにノリさんに撫でてもらうブロッケン・・・しかし、暴れる!せっかく大人しくなったのに!!

ノリ「この前もね、ウッチーと一緒に写真撮ろうとしたら、ダメなのよ、ボクら叩きのめしてるから」

どうやらブロッケンにとってノリさんとウッチーは、さんざん叩きのめされた記憶が残るオッサンらしい・・・。
ちなみにブロッケンのデビュー戦は中舘さんとのコンビなんだけど、覚えてるかなー。
西田さんと二人並べてどっちを強く拒否るかやってみたいなー。
東京競馬場さん、来年の誕生会にこのイベントどうですか?「9歳の記憶力を試す会」

しかし、馬って頭いいんだね。ということはディープインパクトはユタカさんに拒否反応を示すのか?
それはあまり見たくない絵のような気がする・・・。
障害の馬と騎手はあまりそんなことにはならない気がするんだがどうなんだろう・・・。

そして、ノリさん退場の際も至って静か。

「今年は美浦の馬が頑張っているので、僕も細江さんのインタビューが受けられるように頑張ります」

大知ファン、誘導馬ファン、サクセスブロッケンファンの暖かさに胸が一杯になりました。

だいたいがねー、クリーンキャンペーンなんて、ローラー作戦みたいなことせんでも、普通の人はマナーいいのよ。
私だってそこらに散らばってるマークシートをちゃんとリサイクルしてるしさ、(自分のはリサイクルには回さないけど)最近新聞も風に飛ばされたりしなくなったしさ、小銭もぶちまけたりしないしさ。

話が逸走した。
とにかくこの日はサクセスブロッケンのお誕生日だったのだ。
ん?マイルカップに馬を出してた馬主さんもお誕生日だったらしいね。
その方の馬は東京競馬場で誘導馬にもなっているし、現役でいっぱい勝っているし、
来年からも5・5は「オレ様」サクセスブロッケンの誕生日なのである。

・・・ちなみに今年のダービーでの誘導は、現時点で微妙らしいです。
フェブラリーでやらかしちゃったので。


大知讃賞(2013NHKマイルC)

日曜5R、コスモブレードで勝利した柴田大知騎手は入線後、何度も力強く拳を地面に向かって振り下ろした。
まるでかつての人気力士、高見盛関が立ち会い前にやるあの仕草のようだった。
買った嬉しさとともに、これからやってくる、もっと大きな舞台のために自分を奮い立たせているように私には見た。

「今日は大知だ」

それを見て私は、それ以降の大地君の単複を全部買った。
そうせざるを得ないくらい、彼の仕草は私の心を打ったのだ。

この時点で彼はJRA通算199勝。私のホームと言っても過言ではない川崎で落馬して骨折したこともあったっけ、
何年も勝てない時期もあったっけ、マイネルネオスで中山グランドジャンプを勝ったときは、号泣のあまり
インタビューがインタビューになっていなかったっけといろいろなことを思い出す。
そもそも私が競馬を始めた時、彼はほぼ完全に「障害しか乗らない騎手」であったのだ。

だからこそ応援したし、だからこそ平地のGⅠに出られるのが嬉しい。

マイネルホウオウは暑いくらいの日差しを浴びるパドックでかなり気合が入っていた。お父さんはスズカフェニックス。
中京・電撃の6ハロンを制した不死鳥の息子の鳳凰なのだ。切れ味なら誰にも負けはしない。
鞍上だって、不死鳥のような騎手人生を歩んできた男だ。これ以上のコンビがあるだろうか。

レースはおおかたの予想通り、緩みのないペースで進んだ。
坂を上って差し馬たちが一気に襲い掛かる。スローではない府中の、一番面白いレース展開。
インパルスヒーローがちょっとよれ気味になってしまったのは残念だが、マイネルホウオウは堂々と
先頭でゴールを駆け抜けた。大きな大きなガッツポーズ。今までにも「初GⅠ」の瞬間には何度も立ち会って入るけれども
ものすごく心にしみるゴールだった。仲間の騎手たちからは
「ゆっくりウイニングランしてこいよ」
と言われたらしい。彼の苦労は同業者たちがよくよく知っている。

そしてまた涙、涙。インタビューが声にならない。ファンももちろんもらい泣き。
JRA通算200勝のプラカードは息子さんが持ち、娘さんも一緒に写真に収まった。
この日はこどもの日、ガッツポーツを取った大知パパは、一番カッコ良かった。

最終レースが終わり、パドックで有償ジョッキーを迎えてのトークショーが行われた。
細江純子さんと大地君が自然に握手をした。この二人は競馬学校の同期生だ。
その握手の熱さは、普通の人間にはわからない。二人だけの、特別な時間のおすそ分けを頂いた。

大知くんは「初めての」GⅠ・中山グランドジャンプのマイネルネオスのブルゾンを着ての登場。
これからも、平地も障害も頑張るといってくれた。それがファンには何より嬉しい。
翌日の新聞は全部買うと言っていた(多分雑誌も)から、柴田家はいろいろ大忙しかもしれない。
こうなったら月刊誌も全部買わなきゃね!

私、馬券は換金しないから。あなたの18年分の頑張りを、私も持っておきたいから。
これからも、いっぱい元気をちょうだいね。おめでとう、ありがとう。そして、これからも。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。