スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「母」からの手紙(2012京都JS)

(ある朝の栗東トレセン,障害練習コースにて)

テイエムハリアー「あー,ありえん,やってもうた.グリグリの1番人気で余裕で先頭走っとって,最後から二つ目の障害でクマちゃん落とすなんて・・・.いかん,障害見ると悪夢がよみがえる.早めに帰ろ!!


---
(厩舎)
厩務員「お,ハリアー.今日はもう上がりか?早いな」
ハリアー「まぁ,いろいろとあってな・・・」

厩務員「休む時は休んどき!そや,今日もお前宛にファンレターがごっそり来てるでー.お前がもてると俺も鼻高々やなー」
ハリアー「『金返せ』とか『辞めろ』とか書いてあったらどうしよう・・・」

厩務員「おーおーおー,この子もこの子もいつも熱心やな.誰か俺にもファンレターくれんかな・・・って,お,新顔や,しかも女!見たいやろー」
ハリアー「見せてーな」
厩務員「今日練習早引けしたからダメ」
ハリアー「そんなこと言わんと」
厩務員「ダメ(笑)」
ハリアー「担当馬いじめてどないするん」
厩務員「お前ばっかりもてるからダメ(笑)」

(以下,しょうもない言い争いが30分ほど続く)

厩務員「お前もしつこいな.俺が朗読してやるから正座して聞いとれ」
ハリアー「骨折するわ!!」

(以下,厩務員朗読)

「前略テイエムハリアー君 ご無沙汰しています.コウエイトライ改めアイティトライです.今は競走馬を引退し,鹿児島県の高校生たちと青春しています.あ,青春といっても共に馬術競技に打ち込んでいるだけなので変な想像はしないように.
ところで,先日の京都ジャンプステークス拝見しました.現役時代一度も勝てなかったレースなので思い入れがあります.人気を背負って騎手を落としてしまって落ち込んでいるのではないかと思い,柄にもなくお手紙しました.

私たち障害馬に転倒はつきものです.失敗を反省するのはよいことですが,今こうやってお互い手紙の交換ができることを喜ぶべきなのです.

引退して私の馬柄(人柄)が変わったと思っています?これも忠士との遠距離恋愛で培われた忍耐力(もちろんそれも大いにありますが)・・・ではなく,今の私の子供たち,高校生たちが教えてくれたものです.

彼らは乗馬はもちろん,馬の世話をするのも初心者の子ばかりです.私やその仲間たちは一人一人の性格を考えながら接し,彼らの方でも私たちのことを理解しようと精一杯の努力をしてくれます.高校生はピュアでカワイイですね.私はこの職場が気に入っています.

あなたも現役の競走馬としてまだまだ走るレースがあると思います.J・GⅢ女王の私からあなたへほんの少しの助言を送ります.

障害とは飛ぶものではありません.掻き分け,突き抜けるものです.それによって騎手の負担がどれだけ軽くなるか想像してください.これからもあなたの活躍を応援しています.

あなたの元ライバル・コウエイトライより

追伸:馬術の障害飛越では,バーを落とすと減点あるいは失格なので,私も今はちゃんと障害を飛んでいます」

---

厩務員「泣けるやんかー」
ハリアー「『あの』コウエイトライ姐さんがこんな手紙を・・・」

厩務員「お前,返事書け」
ハリアー「言われんでも書く.それから鹿児島の学校に,ニンジンとか,馬の世話の道具とか,ここの使い古しでもいいから送ってあげてもいいやろか」
厩務員「そうやって自分だけもてようとする!」
ハリアー「ちゃうわ!」

スポンサーサイト

グルーヴ姉さんの憂鬱

自宅にて一人でJBCを予想中のアドマイヤグルーヴさん。机の上には天国での先輩・ラインクラフトちゃんが届けてくれた新聞でいっぱいです。親切なクラフトさんは日本全国の地方競馬専門紙とスポーツ紙から厳選(本人談)したものを、適当な紙袋に入れて玄関先に置いていってくれたのでした。

「グルーヴさんへ
 関西出身のグルーヴさんのために、目新しい関東の新聞もいくつか入れてあります。
 新聞によっては赤鉛筆で印がついているものがありますが、それは私がやったのではなく、地上の親切な方が印を入れた状態で売っているものです。
 マークシートも入れておきました。締め切り直前は窓口が大変込み合いますので気をつけて。
 それから一緒に入れた封筒には必ず目を通してください。見ないと後悔しますよ。

 追伸:グルーヴさんのラストランを華やかに飾った(阪神牝馬Sのフジ系実況をパクリました)ユタカさんがアメリカに行っちゃって少し残念ですね。私はスプリントのセレスハントにぶち込みます」

さて困ったグルーヴさん、新聞とマークシートをごっそり取り出して馬券の検討をしては見るのですが、自分がろくに競馬新聞の読み方も知らなかったことに気づくのでした。

「ああ、現役時代、厩舎の先輩に新聞の読み方くらい教わっておけばよかった」

(ピンポーン♪)←チャイムの音

「あれ?誰かな?」

インターフォンのモニターには見慣れない紳士が。

「エリザベス女王杯観戦会の招待状を持って参りました」

「あー、はいはい」(慌てて寝ぐせを直し、玄関まわりを片付ける)

(玄関にて)

「こちらでございます」

「銀のお皿の上に真紅の封筒・・・すごいんですね~」

「グルーヴ様は初出席なので、集合時間よりやや早めに来ていただけると助かります」

「は、はい」

「では、私はこれで。どうぞ素敵な週末を」

----

ビロードのような手触りの封筒には金の箔押しで「エリザベス女王杯馬友の会」の文字が。しかも薔薇の花柄の蝋印で封がしてあります。そう、これが噂の「友の会」(要するにGⅠ勝ち馬の天国OB・OG会)なのでした。柄にもなく恐る恐る封筒の端っこの方を丁寧にハサミで切るグルーヴさん。

「うわー、開けたら薔薇のいい匂いがするよ。しかも高そうな便箋。中身は・・・」

『拝啓
 天上から眺める日本の風景も、夏の名残はどこへやら秋から冬へ大急ぎて衣替えをしている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。(中略)
 今年もエリザベス女王杯の日に合わせて観戦会を行います。今年のレースに出走する馬や騎手にゆかりのある方もおいでかと思います。皆様懐かしい思い出話に花を咲かせましょう。
 ささやかではありますが食事の準備もしてあります。お時間のある方は是非参加のほどよろしくお願いします。
 なお、今年は我が会に新しい会員が加わりました。女王杯を連覇した方をこちらにお招きするのは初めてで、会員一同非常に光栄に思っているところです。(後略)』

「ダメだ、強制参加だこれは。ってか、連覇してこっちいるの私だけなんだ。メジロドーベルさんもスノーフェアリーも生きてるからなー。うーん、プレッシャーだなこれは。そうだ、クラフトちゃんのプレゼント」

クラフトちゃんはエリ女の歴代勝ち馬一覧と全レースのDVDを送ってくれていたのでした。

「よし、まず自分の勝ちレース見よう。あー、オースミハルカだ、懐かしいなぁ。V2の時は同期でワンツーフィニッシュ!すごい!私、強い、カッコいい!」

「いかんいかん、先輩のレースもちゃんと見ないと。・・・ダメだ、すぐ眠くなる」

グルーヴさんはクラフトちゃんの手紙(こっちはくちゃくちゃのダイレクトメールの裏に殴り書き)を読みました。

『当日は招待状が来ると思うのでサボらないように。返信用のはがきの[ご出席・ご欠席]の[ご]を二重線で消して出席に○です。そして着ていくものなどにも気を使ってくださいね。挨拶や食事のマナーも大切ですよ。今までみたいにバケツに顔突っ込んで飼い葉食べてりゃいいのとは違いますから。
 それからたとえレースが行った行ったで何もなしとか、超スローの上がりだけみたいな展開でも、『素晴らしいレースでしたわね』くらい言ってください。馬券で大損こいても顔には出さないように。んじゃー、せいぜい緊張してなんか面白いことやらかして来てください。あとで会の様子教えてね,あたしはスタンド席でモツ煮に熱燗でのびのびと観戦してます こっちでは先輩のクラフトより』

「先輩、先輩ってうるさいやつだな~。ぜったいあいつも毎回何かやらかしてるんじゃないの?・・・それより当日何着て行こう。こっち来たばっかでそんな買い物する余裕なんかなかったよ。食事のマナーって何?困ったよ~」

そんな状態で買ったグルーヴさんのJBCの馬券はかすりもせず、ただただホクトベガ先輩への挨拶の練習を繰り返すのでありました・・・。

つづく・・・のか?

グルーヴ姐さん,ウインズ天国に行く(その1)

(惜しまれながらこの世を去ったアドマイヤグルーヴ.新居のゴタゴタの片付けやら役所への届け(鬼籍というやつ)も済ませ,早くも退屈モード.こちらにいる頃から噂には聞いていたWINS天国というところへ出かけて見ることにしました.平日なのに・・・)

グルーヴ「あれ?けっこう賑わってるじゃん.みんな暇なのかな」
ラインクラフト(以下,クラフト)「グルーヴさーん,お久しぶりです~.覚えてますかクラフトです」
グルーヴ「ああ,クラフトちゃんじゃない久しぶり.こんなに早くこうして会うことになるなんて複雑だけど」
クラフト「そうですね・・・.このたびはご愁傷様でした」
グルーヴ「ありがとう.・・・って,なにかキャラ変わってない?あなた.もっとキャーキャー言ってうるさかったのに」
クラフト「最初だけですよ,ふふふふ.ちなみにこっちではあたしの方が先輩ですからお忘れなく」
グルーヴ「え?ここって.生年よりも享年重視の世界なの?」
クラフト「それが一概にそうも行かなくてムズカシイんです.だから先輩のあたしがみっちりレクチャーしてあげますよ」
グルーヴ「あ,ありがと・・・」
クラフト「それからグルーヴさん,きっと馬券で勝負なんてしたことないでしょ?ここには日本全国の専門紙やスポーツ新聞が置いてあるし,なによりあたしがいますから!こっちに来てから編み出した究極の必勝法を伝授してあげますよ」
グルーヴ「えー!あなたすごいじゃない.で,必勝法って例えば何?」
クラフト「ユーイチと心中です!!」

第一回Vマイルパドックにて

(二人は建物の中に入りました.さすがに人馬はまばらです)
クラフト「そうだ!お偉いさんからこれを預かっていました」
グルーヴ「何この手帳・・・『エリザベス女王杯優勝馬友の会』このなのがあるのね」
クラフト「この建物内にそれを見せないと入れない部屋があります.ちなみにあたしも桜花賞のをもってます」
グルーヴ「あー,あたしゃどうせクラシックとは縁がなくて・・・」
クラフト「いや,ぶっちゃけこんな手帳いらん.特に牝馬重賞だと友の会の会合が多くて強制招集されるんだけど,サクラ会,あ,桜花賞友の会のことですが,あたしがペーペーなんで疲れる疲れる」
グルーヴ「私もきっとペーペーだ」
クラフト「とにかく,歴代優勝馬の顔と名前を覚えることです.エリ女なんてまだ楽ですよ.うちんとこのババア共に比べたら!それがときどき男(騎手)を連れてくるもんだから,そっちの顔も覚えなきゃいけないし」
グルーヴ「じゃあ,スティルインラブさんなんかもっと大変だ」
クラフト「3冠馬は周りがチヤホヤしてくれるんで,無理に覚えなくても自然に覚えてく余裕があるんです.それから,自分の血統表を10代くらい丸暗記!」
グルーヴ「げげげ・・・あたしそういうの苦手だわ・・・」
クラフト「うちの母方の婆ちゃんとグルーヴさんの婆ちゃんが2つ違いの仲良しって知ってました?」
グルーヴ「全然・・・」
クラフト「まあ,堅苦しい話は後にして,走路に行きましょ.最近の平日はこれが目当てで来る人馬多いんですよ」

(建物横の走路の片隅,障害練習場にて)

グランドマーチス「ダメだ.踏み切りがなっとらん.空中の姿勢が悪い.やり直し!!」
ホクトスルタン「はい,先生」
メジロマックイーン「そうだ,諦めちゃいかん!」

グルーヴ「何これ?どういう展開?あのおっさん誰?」
クラフト「えっと,大雑把に言うと,こっちに来た時スルタン君,身も心もズタボロだったんですね.幸い怪我は脱臼だったので,関節をはめて無重力病室滞在でしばし安静でよくなったんですが」
グルーヴ「ああ,あの子は天皇賞の期待を背負ってたマックイーンさんの最後の息子か」
クラフト「それ言っちゃダメです.ちなみにしごいてるのはグランドマーチスさんという顕彰馬です.あ,さっき言うの忘れてましたけど,そういう偉い方の顔と名前も覚えてくださいね.あたし,シンザンさんに「あなた誰ですか」って言って大恥かきましたから」
クラフト「そんで,抜け殻になった息子にマック父さんが『われら一族で果敢にも障害に挑戦した馬はいなかった.道半ばで悔しいだろうが,私は父としてお前にことを大いに誇りに思う』って言ったんです.そしたらスルタン君,みるみる元気になってグランドマーチスさんに直々に弟子入りを志願して今に至ります」

グルーヴ「くーっ,いい話」

クラフト「それを聞いた有馬さんが感動してここの走路にバンケットを作ろうと,馬券で稼いでいるらしいですよ,ちなみに最初の所持金は生涯獲得賞金なので,グルーヴさんは551,335,000円からスタートです」

グルーヴ「お金にはシビアなのね・・・.ところでクラフトちゃんも今でもたまに走路を走ったりするの?」
クラフト「馬券でボロ負けした翌日に疾走しにきたりしますよ.当日は禁止薬物(エタノール)が入ってるので走路に入れてもらえません」
グルーヴ「そうかぁ,そういえば私,お酒もあまり飲んだことないなぁ」
クラフト「今度死ぬほど飲みましょー.って,もう死んでるからどれだけ飲んでも死ぬことないですよー」

(最後に二頭は建物へと戻りました)

グルーヴ「ずっと気になってたんたけど,あの黒い扉は何?」
クラフト「私たちには縁のない世界ですが,覗いてみましょうか」
(扉を開けて中に入ると,薄暗い部屋の中にいくつものモニターが設置されています)
グルーヴ「なにあれ?人間が釜茹でになりながらマークシート塗ってるよ!!」
クラフト「WINS地獄です.会社の金を横領したり,博打にのめりこみ過ぎて一家離散したりした人が送り込まれます.マークシートは耐水紙で金がかかっていますが,生前の行いが行いなので十分元が取れるくらい売り上げは良いみたいですよ」
グルーヴ「テイエムドラゴンのあの調教師さんはどうなっちゃうの?」
クラフト「自殺はよくないのですが,情状酌量を求める署名がこっちの世界からもあっちの世界からもたくさんあって処分保留中です.関○さんなんかは将来釜茹での公算が大きいでしょうが・・・」
グルーヴ「それ言っちゃダメ!!」

(二人の冒険まだ続きます.気が向いた時に・・・)

※WINS天国,しゃべり馬はケイバの復習の管理人,船長さんとの共同登録商標です(ウソ).

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。